かしいヤングラガーズの活動をご紹介します

はじめに

会員数

 現在、幼稚園から中学生まで約200名、指導者約70名が活動しています。
 女子も男子に負けずに、一緒に活動し、定期的に福岡レディスの活動にも参加しています。

活動日程

  小学生:  日曜日(午前)            ※公式大会前には、小学5,6年生は土曜日に練習しています。
  中学生:  土曜日(午後)、日曜日(午前)

練習場所     周辺地図ボタン.png

 ・九電香椎グラウンド
 ・さわやかスポーツ広場
 ・雁ノ巣レクリエーションセンター

 ・香椎近隣の高校グラウンド

※私たちの活動は、地域の企業、学校、公共施設のご支援に支えられています。

運営について

クラブの運営は、コーチ会が主導し、総会、運営委員会、ブロック会、事務局、等が組織され、その協議にもとづき、コーチと保護者が協力して行っています。

基本理念

1.何ものにも恐れずにぶつかっていく勇気ある子供に育てる。
2.ルールを守り、協調性、人間としての優しさを育てる。
3.最大限のチャレンジを試み、喜び・価値を全身で感じとる。
4.ラグビーの正しい基本とフェアプレイ・ノーサイド精神を習得する。

《基本理念について》
 ラグビーの発祥は、1823年にイングランドのパブリックスクールの一つのラグビー校で、フットボールの試合中にエリスという少年が興奮のあまりボールを持って走り出したことに由来すると言われています。
「ラグビーは少年を早く大人にし、大人をいつまでも少年でいさせてくれる。」という言葉があるように、心身の発育・発達にとって、ラグビーは大変適したスポーツです。多人数のボールゲーム、しかも格闘技の要素を含み、多種多様な運動が要求されるラグビーは、まさに子供にとっても最適なスポーツと言えるのではないでしょうか。
 私達が子供達にラグビーを指導するのは、もちろんラグビーが素晴らしいスポーツだからです。
 ラグビーの楽しさ、素晴らしさを表現する先人達の多くの言葉があり、ある人はその自由さを讃え、ある人はレフリーへの絶対服従を語り、またある人はラグビーを人生になぞらえさえします。
 そして何よりも「フェアプレーの精神」「One for All,All for One」「ノーサイドの精神」という言葉に代表されるラグビー精神があります。
 そのラグビー精神を、これからの時代を担う子供達に伝えていきたいと、1985年、東区に 『かしいヤングラガーズ』が誕生しました。
 ともすれば学校の成績ばかりで、人の値打ちが決まってしまうような風潮の中で、やはり子供は子供らしく、のびのびと元気に育って欲しいという思いと、21世紀の日本というフィールドを、自由奔放に駆け抜けるエリス少年のような子供達が、たくさん育って欲しいという願いをこの基本理念にこめました。
幼稚園から中学生まで約200名、指導者約70名
  (女子も男子に負けず、一緒に活動しています)

指導方針

1. 指導の基本原則
(1)楽しくなくてはいけない。  
 ○楽しさを感じさせる指導が最高の指導。十分な活動と成功体験を与え、練習を工夫していく。
 ○子供の目の高さで接し、誉めてあげる。(ヒステリックに怒鳴らない)
(2)安全でなくてはいけない。
 ○子供の体力・発育発達に応じた運動量を計画する。
 ○自主的な態度の育成に心がける。(教えすぎ)
 ○根性論などを子供に押しつけてはいけない。
(3)すべてのプレーヤーに全てのスキルを。
 ○多様な運動技能が獲得される時期なので、早期のポジションの固定、専門化を避ける。
 ○基本の徹底を指導する。
(4)子供には子供にあった感動を。
 ○交歓試合や公式戦を通じて、子供の成長に伴った感動を与えるように指導する。
  (子供は感受性が高い)
 ○ラグビースピリット(one for all,all for one ・ フェアプレイ・ノーサイド精神)
(5)勝利至上主義に陥らない。  
 ○子供が最初にあり、その後にラグビーがあり、勝利はずっと後に位置するもので、勝ち負け
  といった結果より、なされた努力を評価すること。

2.各ブロックの指導目標
小学校1~2年
(1)簡単なゲームができる。
(2)スポーツに親しむ態度を育てる。
(3)あきさせない。
小学校3~4年
(1)やや組織的なゲームができる。
(2)フェアな態度を育てる。
小学校5~6年
(1)組織的なラグビーができる。
(2)よりフェアな態度とフェアプレーの精神を理解させる。
中学生  
(1)ハンドリング、ランニング主体のジュニアラグビーの理解をはかる。
(2)フェアプレーに終始するラグビー精神を身につける。
(3)勝つ喜び、楽しいラグビーを身につける。

3.生活面での指導方針
(1)グランドに対する感謝の意を表すこと。
(2)コーチ・父兄に対し感謝の意を表すこと。  
(3)挨拶及び呼び名に注意し指導すること。
(4)チームワークの醸成に努めること。
(5)責任を持った行動をとるよう指導する。

<ハンドブックより抜粋>

【新年のスタート香椎宮参拝の様子(2012年)】

large (1).jpg小1large (2).jpg小2large (3).jpg小3large (4).jpg小4large (5).jpg小5large (6).jpg小6
KYR_0085.jpg中学生&OBKYR_0050.jpgOBのみんな、今年も活躍期待しとるよ。 あれ?リョウがおらん。large (9).jpg香椎宮まで競争たい!香椎宮に入りきれん拝殿に入りきれん。安全・必勝をお願いいたします。large (8).jpg母ちゃん、いつもありがとう!large (7).jpgぜんざい食って練習するぞ~」